制作環境の変化と「Digital Performer」

しばらく前にWINDOWSノートパソコンを手に入れて以来、DAWの環境が変わりつつあります。

これまではMACで「Digital Performer」、「Reason」という環境でした。

これに加えて今はWINDOWSで「Digital Performer」、「Protools」、「Cubase ai」が起動できる環境です。

ずっと「Digital Performer」でしたから、これまで使ったことのないDAWにはかなり抵抗がありました。 そもそもWINDOWS環境ですら抵抗が...。

とはいえこのご時世、MACばかりではなかなか話が進まなくなりました。

最近やっと「Digital Performer」以外のDAWも楽しくなってきました。

最初はキツかったです...。

WINDOWS環境も慣れてなかったので学生に聞いたりして。

(学生たちとコミュニケーション取れたのでありがたかったですけど)


「Digital Performer」との大きな違いはそれぞれ「音源」が付属してること。

DAW買えば、それだけで音が出せるんですね。

そして、LOOP素材が含まれていること。

(「Digital Performer」も音源は付属してるけど、一般的な音楽制作には向いてないものが多いので、全然使ってません)


そもそも僕が「Digital Performer」を使うようになったのは冨田さんの影響。

冨田さんがMC-8、MC-4からMAC Pluseに環境を変えた時、使われていたのが「Digital Performer」でした。

当時のインタビュー記事を読んで、「冨田さんが使っているのなら間違いない!」と思って購入。

そう言えばグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアがMAC Pluseを使ってる写真を見たので、パソコンに対する、いわゆる「理系、ムツカシイ...」というイメージが無く、どちらかというと、サイケ、ヒッピー的アイテムな印象でした。 そんなところもMACはカッコよかった。


最初は「Performer Ver.2」。高かった〜。

( テンポコントロールは無し。拍子の変更機能も無し! )

まあMAC環境では当時、これか「Vision」くらいしかなかったような。

とにかく「Digital Performer」はキングオブシーケンサーでした。





小林 義男:Yoshio's Ownd

広島在住のミュージシャン 小林義男 の情報発信サイト