White Summer

「White Summer」というのはヤードバーズ時代、ジミー・ペイジが演奏していたアコーステック・ナンバー。

8日のOTIS! インストライブでは「White Summer」を演奏させてもらったのだけど、思いつきで「誰かパーカッションやってくれませんか?」と生意気なことを言ってしまった。

そしたらOTIS! マスター佐伯さんがパーカッションしてくれました。

お世辞抜きで今までで一番「White Summer」に合ったパーカッションでした。

しかし、問題なのはワタクシの演奏!

ちょっと悔しいですなぁ...。 多分来月リベンジやります。


この日はもう一曲、ループを使った曲を演奏しました。

荷物になるようなデカイ3トラックルーパーは使わず、BOSSのDD-20を使用。

DD-20は厳密にはルーパーではなくサウンド・オン・サウンドという機能(23秒)。

どういうわけか、ループのタイミングがとても合わせやすいのです。



小林 義男:Yoshio's Ownd

広島在住のミュージシャン 小林義男 の情報発信サイト